UTMでセキュリティ強化

インターネットセキュリティを一括管理で強化するUTMとは

インターネットのセキュリティ対策をしたいが、何からすればいいのかわからない?

今のウィルス対策ソフトでは心配!という方へ

⇒お客様の環境に合わせたセキュリティ対策をご提案いたします!!

日々増殖を続けるコンピュータウィルスに安心して対処するために、オフィスの入り口でまとめて”元から断つ”方法があります。

それが専門知識が要らず一括で防御してくれる「UTM」です。

インターネットの危険性

インターネットに潜む危険

インターネットのセキュリティ対策は、普段気になるけど、できていない方が多いのではないでしょうか?

新聞やニュースなどでも、企業や個人が所有する情報を狙った事件が話題となっています。

例えば、インターネットバンキングやクレジットカードを利用している方を狙った、フィッシングと呼ばれる手法での不正送金の事件があります。

ネットバンキングのリスク
フィッシングリスク

コンピューターウイルスの脅威

自分で操作できなくなるコンピューターウイルス

コンピュータウィルスの一種であるランサムウェアは、近年国内外で猛威をふるっています。

ランサムウェアに感染したPCは、デバイスまたはファイルが暗号化されてしまい、PCが操作不能になります。

この制限を解除するためには、身代金(ransom、ランサム)を支払うよう要求されます。

ランサムウェアの脅威

2017年6月5日、大阪府内の男子中学3年生が「ランサム(身代金)ウェア」を作成した容疑(不正司令電磁的記録作成・保管の疑い)で神奈川県警に逮捕されました。

この事件が注目を集めている理由は2つあります。1つは国内における初のランサムウェア作成容疑での逮捕だったこと、もう1つは容疑者が若干14歳だったことです。

ランサムウェアの脅威

ウィルス対策ソフト(アンチウィルスソフト)だけで大丈夫?

一番身近なセキュリティ対策としては、PCにインストールするウィルス対策ソフトがあります。

しかしウィルス対策ソフトはパターンマッチングという方式を使っているので、新種のウィルスに対しては検知する事ができず、半分以上は素通りになっているという事実があります。

また、アンチウィルス、迷惑メール対策、アンチスパムなどなど個別のセキュリティ対策が必要で、管理が複雑な上、専門知識も必要となります。

そして1日に発生するコンピュータウィルスの数は、Windowsの場合100万種類にものぼります。

アンチウィルスソフトの弱点

UTMでネットセキュリティを万全にしませんか?

これらのインターネット上の危険な状況から、企業の情報を守るための備えとして、UTMをご提案させていただきます。

複数の異なるセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理すること。つまり統合脅威管理(Unified Threat Management)を行うことです。

ネットセキュリティにはUTM機器

一台のUTM機器に複数の異なるセキュリティ機能を統合することで、ウイルス感染や不正侵入、ネットワーク攻撃といったサイバー攻撃の脅威から、社内ネットワークを守ることができます。

しかも、管理・運用の手間がかからず、専門的な知識も要りません。

アンチウィルスソフトでのセキュリティ管理
UTM機器によるセキュリティ管理

外部からのサイバー攻撃、情報漏えいは決して他人事ではありません。この1台で会社のセキュリティレベルを飛躍的に上げるUTM。

日頃からネットセキュリティにご心配の方は、今すぐお問い合わせください!

品田通信電設(株)問い合せフォームへ