電話設備保守契約のおすすめ

ビジネスフォンは事業継続に不可欠な通信機器

災害時や緊急事態においても、平常時と同様の通信ネットワークの安定稼働が企業にとっては必須です。

そのためには、緊急時を見据えた通信設備の維持管理に必要不可欠な保守契約を行うことが大切です。

電話保守契約
右へ

保守と保証は違います

電話設備における保証は、主にメーカーの製品保証であり、期間はメーカーや対象商品によって異なりますが、一般的には6か月~1年間です。

保証期間内に故障が発生した場合は無償修理されますが、原則として製品のみです。

また、故障を特定するための切り分け作業の費用、メーカーへの運搬費などは保証の対象外となります。

保守とは、安定稼働状態を保つように維持・管理することです。電話設備は、24時間365日稼働し続けるので、経年劣化は避けられません。

そのため、信頼できる専門業者に保守を委託することが一般的です。

法律による工事担任者制度

電話設備・PBX等の端末設備又は自営電気通信設備を、電気通信事業者の通信設備に接続する工事を行う場合、電気通信事業法71条で「工事担任者資格」を有する者による工事の実施が義務づけられております。

当社では工事担任者が責任を持って設備の設置・保守を行います。ご安心ください。

当社の工事担任者資格は5種類、延べ10名おります。詳しくは資格者情報をご覧ください。

電話の故障トラブル
品田通信電設(株)問い合せフォームへ
右へ

定額保守契約に未加入でメーカー保証1年の場合

メーカー保証には、出張費や派遣費は含まれておりません。

通常電話機の故障の場合は、技術者が見に行って対応をしますが、その料金は全て有料で頂戴しなければなりません。

派遣基本料金 4,500円(税別)
技術費実費単価 8,000円(税別)/1時間
※部品代はメーカーが1年無償提供します。2年目以降は有償となります。

ビジネスホン定額保守契約加入なら

故障が年に数回発生しても、派遣費、技術費実費、部品代すべて無償にて対応いたします。

安心して長くお使いいただくために定額保守契約加入をおすすめします。

定額保守契約 月額料金

 
機器 月額
主装置(内蔵電話含む)S:1,000円
M:\1,500
L:\2,000
電話機(コードレスを含む) 10台未満 300円
10台以上 200円
外部ユニット・ 複合機接続ユニット 800円
FAX1,500円
ビジネスホン保守契約
品田通信電設(株)問い合せフォームへ